uwa_rinen

宇和海に面する地域には、古くから濃密な水産コミュニティが形成されている。
これらをさらに発展させて、地域の産学官民が一体となってマリンイノベーションを興し、
豊富な海洋資源、膨大な自然、おもてなしの文化などが人々の心に自然とイメージできる
「宇和海」ブランドを確立する。
このことにより地域振興を図り、ひいては日本の食文化を向上させ、
世界の食料問題の解決に貢献する。

 

基本目標

マリンイノベーション

新しい技術の開発と生産、加工からの流通、販売までの新たなしみを構築し、雇用や価格の安定化に寄与し、地域水産業の活性化を図る。

環 境 保 全

将来にわたり、安心で安全な食料供給を行うため、環境に負荷を与えないよう配慮した生産技術の開発のための調査や、環境の保全を行う。

人 材 育 成

地域水産業活性化のための人材確保
・育成や、地域が一体となった啓発を効果的に行う。また、国内外へのぎょしょく教育の普及を推進する。

 

構想の背景

宇和海水産構想とは

宇和海は日本でも有数の水産基地であるが、近年、水産資源の枯渇が危惧され、
水産業の存立基盤が揺らいでいる。
今後、水産基地であり続けるためには、水産資源の回復とその持続的利用をめざす
とともに、養殖技術の開発、新流通システムの構築、後継者の育成等、多くの課題を
解決しなければならない。
そのための宇和海地域の宇和海水産構想が必要であり、そのもとに地域が一体となってイノベーション(革新・新基軸)する必要がある。

本構想は、豊後水道東域の北端域の三崎灘から宇和海、そして南端域の宿毛湾にいたる県域をまたいだ地域が一体となって水産クラスターを形成し、地域の再興をめざすもので、地域の産業革命と言える取組みである。